読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九十九乱蔵シリーズについて

年末年始に、実家に置いてた夢枕獏の九十九乱蔵シリーズを読み返してました。闇狩り師シリーズって言った方がいいんですかね。わからん。

読み返したのは、暇だったからですね。なぜこの本を読み返したかというと、前読んだ時におもしろかったからです。なので、感想はおもしろかったです、です。

 

主人公の九十九乱蔵は、気と体術で鬼や超人的な能力を持つ人間と対決します。短編もあるし、長編もあります。文章も夢枕獏だし、描写も夢枕獏なので、感想は夢枕獏でした。おもしろかったです。

シリーズの中で、一冊だけ読んでないのがあるのですが、読みません。なぜなら満腹だからです。たぶん、空海のやつ読むと思います。